fc2ブログ




[その1]Plorogue ~忘却の青年~ 「鼻から牛乳」
[その2]Side:スピカ①「まってくださいよスピカさん」
[その3]Side:スピカ②「おお人事」



前回のあらすじ : 触手プレイ(公式が病気)
※かなりネタバレ&創作要素があります

ヒロインに探されていたと聞いて ←NEW!!

酒場のオネエから、スピカたんが僕のことを探していたと聞いて。伊豆に帰還してひと息ついたところですが、再びアルベルタまで出戻りです。



よう、スピカ


今度はいったいなにを依頼されたんだね。
と、思ったら…






南のよびだしベルがざっくんに通じているんだ。きっと…。ro369.jpg

あながち間違いではない(←たまり場がプロ南の人)
ざっくん、私を天津につれてって!呼び出しは、まさかのデートの誘いでした。



なお、渡航費用は彼女持ちだった模様。


よく分からないが、クエスト案内所通りにコトを進めたため、スピカのExtra Episodeに辿り着いたようだ。
だがしかし腐ってもストーリークエスト、話が長い。とりあえずEnterひとり連打祭りを開催しているところに、スピカの発言。


「カチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャ」
……私も、あのぐらい美人だったら
 もう少し女の子として扱ってもらえるのかなぁ?
」 ぼそっ
「――え?



何故ここで : ギャルゲ要素



良いなぁ、巫女さん。私が巫女さんの格好をするのは無理かもしれないけど、一度本物を見てみたいなぁ……



やだあんた、どうしちゃったのさ。



「…………………………カチャッ…」 一緒に見に行こうか
「本当?約束だよ」


あ、はい……|∵|
タッチの篠塚かおりみたいな顔しやがって ねえ、今までのどこら辺にラブフラグあったの?
なんだか押しに負けた気分になりつつ、帰路につくマックス家だった。やだやだ、世の中は誘惑でいっぱい。


* * *


一方、酒場デイブレイク
きみとぼくとの間には

「おかえり、どこ行ってたのゼロ?」
「ちょっとフラグ回収に…ごにょごにょ
「遊んでないで、とっとと次の人に会ってきてね」
ひいごめん|∵|



今日も冷たいブリザード


これだから定型文しか話さないNPCってサイテー!
だが、無事にSSS第一話を終えることが出来たようだ。余力があるうちに、さっそく二話目に突入しよう。


* * *


Side:サビク
ro360.jpg

[ROクエスト案内所]
次にオーブが示す光は、はるか南。
その方向には、ソグラト砂漠しかないはずだけど…?



ふーん…



そしてモロッコ


ザビクに会いに行け。それだけ言われてモロクに来たはいいが、肝心のザビクが見当たらない。僕どこに行けばいいんでしょうか?


そして南カプラ前をうろうろしていると
飛び出してきた選択肢。





よしでは叫ぼう



さがせ、俺たちのZABIKU!!







じゃあ…
どうやら、人に尋ねるしかないようです。
とは言うものの普段モロクなんて行かないものですから、知り合いひとり、ここには居ません。ひとまず目についた人に片っ端から尋ねてまわって…



うわあ、なんか怪しいの見つけちゃった。


あ、あのう…ちょっといいですか?


ro368.jpg「はい、どうしました?」


ひと昔前に、ファイ○ァンっていうゲームに登じょげふげふ
ザビクって男の人しってます?


「ああ、もしかしてザビクさんのお知り合いですか?
 ザビクさんなら、姉が働いている酒場にいますよ!」


おや、さっそく見つけた…。


⇒ to be continued!!
次回予告「姉がいればなんとかなる」
 来週もまた見てくれよな!
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks